浪費癖が治らない原因や特徴

浪費癖が治らない原因や特徴には、お金を使うことが何よりも幸せだという認識を持っていることもあげられます。

例えば飲食店で食事をする場合、料理の値打ちを値段で決めてしまうような方がこのタイプになります。

料理の値打ちというのは評価の基準が様々です。

もちろん値段が高い店は一流ですが、いわゆるB級グルメ店と呼ばれる店のように、適度な価格で美味しい料理を提供してくれる店も沢山あります。

しかし浪費癖のある方の特徴として、こういった店を自分で歩いて探すようなことはしません。

店選びはすべて値段で決めてしまうのです。

こういったお金の使い方をしていては浪費癖は治らないですし、人生の楽しみ方も知らないということになります。

探究心を持って自分で店を探すようなことをしないことも浪費癖が抜けない原因です。

従ってこういったタイプの方は一度自分を見つめ直すことも得策です。

ダラダラとお金を使えば貯金も出来ませんし人生の奥深さも分かりません。

お金に制限があっても人生を謳歌している方も沢山います。

従って浪費癖が治らない原因や特徴を認識し、たくさんお金を使わなくても気持ちが充実する人生に転換することがベターです。

無駄な使い方はしない方がいいです。

浪費癖の妻の離婚をするなら慰謝料を払う

妻の浪費癖が理由で離婚をする場合には、慰謝料を払うどころかもらうことができる可能性は高いといえます。

しかし、現実的には浪費癖のある相手だけに慰謝料を支払うだけの余裕がないケースの方が多いので、満足の行く金額を受け取ることは容易ではないでしょう。

それでも離婚を切り出す側が支払うという可能性は少ないだけに、離婚をお金がかかってしまうということはないので安心できます。

妻の浪費癖というのは別れるには重大な事由のひとつとなりますから、客観的な証拠がある場合にはそれを理由として別れること自体は可能となっています。

慰謝料の問題に関してはその点だけを見れば、妻から受け取ることができますが総合的に見て夫側に非があるとなれば夫側が支払わなければならなくなってしまう可能性もないわけではないのでその点は注意が必要です。

あくまでも浪費癖の一点だけで見た場合には、妻の有責ということになるのでその場合慰謝料を支払うことはなく、逆にもらえる可能性の方が高いといえます。

しかし、離婚というのはどちらか一方だけが悪いというわけではなく双方にそれなりの理由があって別れることになることが多いので総合的に見た場合どちらに責任があるかは変わってきます。

浪費癖を改善、または治す方法

浪費癖を改善、または治す方法が2つあります。

1つ目は、財布を安物に変えてしまうことです。

ある研究で、ブランド物の財布を持つ人は浪費癖が激しいという説が唱えられます。一見嘘くさい話ですが、これは事実です。

高価な物を持つ人は、それに見合った生活をします。そのため、自分はお金持ちという錯覚に陥り必要ない物まで買ってしまいます。病気というより、もはや病人です。

あまりに症状がひどいと、改善どころか治すこと自体が困難になります。そんな時は、財布を安物に変えるべきです。

安い財布を持つと、心理的に浪費癖を抑える効果があります。それは、自分が貧乏だと錯覚するからです。厳しい荒業ですが、治すには効果的な方法になります。

2つ目は、買う前に問うことです。

浪費が激しい人は、必要な物の区別ができない傾向にあります。もし何か購入する際、自分の心にこう問いかけます。

「これは必要な物か、これにどのくらいの情熱を注げるか」。100%の自信を持ち、買って満足できる物だけ買います。

自販機にある100円のジュースでも、同じです。その商品を熱く語れるほど、今必要なのかどうか自分に語りかけることがポイントになります。

この方法を繰り返していけば、浪費癖が改善できます。お金は有限、無くなってから騒いでは手遅れです。

ひどい浪費癖は病院の精神科で治療

ひどい浪費癖でお悩みの場合、病院で精神科を受診すれば治療できる可能性があります。

浪費癖と一言で言ってもその背景にはさまざまな問題が隠されている場合があります。

特に躁うつ病などの精神疾患が原因となっている場合です。

躁うつ病の特徴として、身体がだるく何もやる気がでないような抑うつ症状が強く出る期間と、反対に何でもできるような万能感をもって行動的になってしまう躁状態になる期間とを周期的に繰り返すという点が挙げられます。

この躁状態のときには、気が大きくなっていて、普段は決してやらないようなことをやってしまったり、高額な買い物をしてしまったりという行動をしてしまう患者さんがとても多いと言われています。

ですから、一見ただの浪費癖だと思っていることが、実は躁うつ病の症状の1つだったという場合もあるのです。

この場合には病院で精神科を受診すれば服薬などの治療を受けることができます。

適切な治療を受けることができれば状況が改善する可能性がありますから、単なる浪費癖なのに大げさだなどと思わずに病院の精神科に相談してみるのがいいでしょう。

ただの性格や精神力の問題だなどと決めつけてしまうと、治療の機会を逃してしまう可能性があります。

参考サイト

浪費癖は直接、借金苦の原因になります。

つまり、浪費癖のある人は、借金苦の予備軍だともいえると思います。

最悪なのは、シングルマザーのような悪条件で浪費癖の有るような場合ですね。

シングルマザーであるなら、その給料に見合ったふるまいをする必要があります。

このようなサイトも参考にしながら、浪費癖を治して、借金苦にならないようにする必要がありますね。

シングルマザーの仕事と給料

シングルマザーは給料を得るためにどんな仕事をしていてるのでしょうか?

小さい子供がいる場合に、シングルマザーが仕事と育児を両立していく方法や、在宅の仕事で注意することについてまとめています。